福岡市にあるビジネスフォン・ネットワーク工事・カメラ工事の東通西日本株式会社

東通ブログ

MOT/PBX

コロナ禍の状態が長期化していますが、皆さんはどのようにお過ごしでしょうか?

当社も在宅勤務(テレワーク)を導入して働き方が変化しました。

今回は私が在宅勤務の際に便利だと感じたMOT/PBXについて紹介したいと思います!

 

MOT/PBXとは?

ビジネスフォンの機能をスマートフォンで実現できるシステムです。

自宅や外出先でも会社番号を利用した通話が可能です。

 

◆ 従来の場合(着信時)

在宅勤務者宛に電話がかかってきた場合

お客様との電話を切り、在宅勤務者に取り次ぎ、在宅勤務者が折り返す

という手順が必要です。

 

◆ MOT/PBXの場合(着信時)

MOT/PBXを利用すると

お客様との電話を保留にした状態で在宅勤務者へ電話を転送することで

一度も電話を切らずに取り次ぐことができます!

 

◆ 従来の場合(発信時)

また、在宅勤務者が社外の人に電話をかける際は

社用携帯または個人携帯の番号で発信する必要があります。

 

◆ MOT/PBXの場合

MOT/PBXだと

社用携帯または個人携帯の番号ではなく会社の番号で発信することが出来ます。

 

私は内勤で社用携帯を持ってないので個人携帯の番号で発信する必要がありましたが

MOT/PBXなら個人携帯の番号を表に出す必要がなくなるのでとても便利です。

 

MO/PBXについては下記ページでも紹介しているのでぜひご覧ください♪♪

ビジネスホン(ビジネスフォン)

ビジネスホン(ビジネスフォン)とは、企業オフィスでの利用を考えて作られた電話システムの総称です。
複数の回線を収容できる主装置(ME)と、主装置に接続された多機能電話機で構成されています。
一般の家庭用電話のように電話機の台数分だけ電話回線が必要になることもなく、回線を効率よく利用できるようになります。

ビジネスホンの主な特徴
 ①発信~外部へ電話をかけることができる
 ②着信~外部からの電話の応答ができる
 ③保留・転送~外部との通話を保留しほかの電話へ転送できる
 ④内線~内部の電話同士での通話ができる
 ⑤代表組~代表番号での着信を複数の電話機で受信することができる
 ※③~⑤の特徴が家庭用電話にはないビジネスホン独自の特徴です

ビジネスホンと家庭用電話機の大きな違い
 ①コスト削減効果
 通常業務ではすべての回線(=電話機)を常に使用することはまずありません。
 しかし、家庭用電話の場合は電話機1台につき1回線必要なため、使用していない回線の
 基本料金は無駄ということになります。
 ビジネスホンでは電話機より少ない回線数でも保留や転送により
 効率的に利用出来るためコスト削減が可能です。
 また、通話料金自体がお得なひかり電話やIP電話なども収容可能なため
 通話料の削減も可能です。
 ②社内業務の効率化
 社内の内線通話による連絡の効率化、外線通話の一時保留と内線や外線への
 転送によるとりつぎ業務の効率化が図れます。

ビジネスホンの機能 Continue reading